スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の発音

スコット曰く、英語はinconsistentなので難しい部分があります。
英米人でもなぜこうなのか説明できないことがたくさんあります。今日は2名参加です。

例えば、アメリカの都市はHOUSTON(ヒューストン)と発音しますが、
NYにある、HOUSTON St.はハウストンストリートと発音します。
who,wholeのhは発音しますが、white、whaleのhは発音せず、ワイト、ウェールとなります。辞書には()付きでhも記載してありますが、少なくともイギリスでは発音しないしホワイトでは通じない。これらには理由がありません。私がドイツに住んでいた時に、日本人の留学生が言っていましたが、ドイツ語は格や人称によって単語が変化して大変だけど、それらを覚えてしまうと、ほとんどのことは規則どおりなので英語より簡単と言っていました。英語は規則では説明できない「例外」が多いので難しいらしいです。だからといって英語を話すのが難しいわけではないと思います。パーフェクトに話そうとするから難しいだけです。VELCOにじゃんじゃん通ってくれればかならず話せるそうに
しますよ。



スポンサーサイト
コメント

今日は、2名でしたが、私にはすごく充実したレッスンでした。いつも、white やwhaleの発音、うん??って思ってたんですよねー。でも、あまりにも簡単すぎて今更・・って感じだったんで。今日、聞けてよかったです。
後は、He likes time to himselfe.(一人で過ごす時間がすき)とか、Boys will be boys(大人になっても子供と一緒)のようなニューアンス など 普通に使える表現など 色々、勉強になりました!簡単な単語で気持ちを伝えることもできるはずなのに、難しく考えすぎて、あっーーーってなるのが多くて!!!又、いろんな言い回し、教えてくださいねーーー。 Thanks Scott!

MASAEさん、コメントありがとうございます!
そうですね。難しい単語を覚えるより、とっくに
知ってる単語の組み合わせでいろいろな表現できるのですよね。これからも宜しくお願いします!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。