スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のVELCO

今日はVivaldy先生。
18:00からはいつも来てくれるお母さんとお子さんで、お子さんはVivaldyとボードゲーム、お母さんはKotomiさんとビギナーズです。19:00からは誰か来てくれるかなあ。
a.jpg

19:00からマンスリーの男性1名、女性1名がフリートーキングに参加。途中から先ほどマンスリーに入会してくれた男性会員がjoin。並行してビギナーズクラスにマンスリーの女性とチケットの女性が1名ずつ。20:00からは、ビジターの女性とマンスリーの女性がビギナー受講。20:00からのフリートーキングは、マンスリー会員5名でかなり盛り上がっていました。その間見学の男性1名。別の英会話学校に今日行ってきたらしく、「明日までに返事しないと、このコースは入れないよ」だって。しかも1レッスンあたり4,700円。家帰ってVELCOも考えてくれるとの事。21:00からは、マンスリー女性がTOEICを受けて、フリーカンバセーションには、チケット会員男性とその同僚、マンスリー男性1名、女性1名の4名でした。ビジターで来てくれた人も、チケット会員に入会してくれました☆

prom アメリカでよく行われる、高校の卒業記念パーティー
We are just platonic friends.単なる友達よ。 
quite a few=quite few 多くもなく少なくもない、それなりの量。
*姫路のパンダさんよりコメントもらいました。
姫路のイギリス人先生によると、quite a few=less than many=すごくたくさんではないけど、それなりの量。quite few はquite a fewより少なくほとんど無い、とのこと。辞書では姫路のパンダさんの言うとおり。うーん、日本語でもそうですが、辞書が必ずしも現在使われている表現、意味とは限らないですが、どなたか明快な答えをご存知な方は教えてください。
(追伸)ケニア人のTeddyにも聞いてみました。会話ではquit a fewもquit fewも同様に使われ、多くもなく少なくもないという意味。しかし文法上はquit fewはほとんど無いの意味。
(追伸2)しつこいようですが、イギリス人のスコットにも聞いてみました。quite fewはあまり使わないが、あえて順番をつけると、
nothing<few=quite few<quite a few<quite a lot<many
few,quite fewはnegativeな意味合い、quite a few,a fewはpositiveな意味合いだそうです。みなさんコメントありがとうございます。
(追伸2)Vivaちゃんに再確認。混乱を避けるためquite fewとquite a fewは同じようなものと説明したけど、厳密にはquite fewのほうが少ない。私的な結論としては、リスニングの時は、quite a few はそれなりに多い、と解釈して、fewもしくはquite few はあまり無い感じで解釈すればいいと思います。スピーキングではアジア人等non-nativeに対しては混乱を避けるためmany,a lot of,little等使った方が無難ではないかと思いました。少なくとも辞書に書いてある、もしくは学校で習ったquite a few=かなり多くのというのは、間違えのような。。お騒がせしました。
スポンサーサイト
コメント

quite a few: かなり多くの、相当数の
という意味です。
quite few とは、反対語になります。

失礼しました。

そうですね。前に母音の前のtheをジというと思っていましたが、そんなこと言う人居ないと聞いたことがあります。a littleとかは仕事でもそうだと思って、使うし、Quite a fewをかなり多くのというのは文法では常識かも知れませんが、実際は違うんでしょうね。この手のちょっと変わった表現を仕事で使ったらかなり誤解されるかも知れないので要注意ですね。

同じ英語でも国や地域によって使いかたが少し違ったりするんでしょうね。ある地域の黒人はやたらtheをジって言ったりするという話も聞いたことがありますよ♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。